メニュー

整形外科

身体の動きに関わる器官(骨、関節、筋肉、神経 など)のことを総称して運動器と呼びます。整形外科は、体の中からの原因、あるいは外からの要因によって生じた、様々な運動器の不具合に対し、診察・検査・治療を行い機能の改善を目指していきます。

診察は、まず問診からはじめ、実際に症状があるとされる部位を押す、曲げる、伸ばすなどの触診を行い、必要と判断すれば、X線撮影、超音波検査(エコー)を行うなどして診断をつけていきます。またMRIやCTなどの検査は連携の医療機関で撮影させて頂きます。

対象となる疾患は、日常的に感じている肩こり、腰痛、関節痛、手足のしびれ、神経痛といった症状から切り傷、打撲、捻挫、骨折といった外傷がその範囲に含まれます。

リハビリテーションが必要な場合は、医師から理学療法の指示を受けた理学療法士が運動能力を回復するためのサポートも行います。

さらに、ケガをしない、病気にならない身体づくりを含めた予防的リハビリテーションも積極的に行っております。

小さなお子様からご年配の方まで幅広い世代の方に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME